カオスな店ですが、もうしばらく、ご容赦ください

秋になっても、店は依然としてカオス状態。

5坪に満たないスペースに着物あり、洋服あり、雑貨あり、という多種多様な品揃えが禍している。と、言い訳はあるが、要するに整理ができない。

今日、お洋服を試着したいというご希望があったが、

奥の方にご案内するくらいで、まともな試着室がない。

これじゃあ、まずいだろう、とさすがの私も反省。

まずは、手つかずの棚からと。

20160926a

洋食器の一段だけが、なんとか形になった。

この棚が完成したら、裏の在庫置き場をどうにかして、試着スペースをつくらなくては。

ブログ村に参加しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

冬の感触がもどってきた

20160925

雨がやんで、洗濯物がやっと秋の日差しを浴びられた。

ラジオが九月最後の日曜日といっていた。

もう、10月、11月、12月で今年も終わる。

入荷した秋冬物のウールやベロアのハット、チェックのマフラー、毛糸で編んだベレーなど。冬の感触はどこか懐かしくて暖かい。

とはいっても久々の自転車通勤をしたら、汗をかいた。

この気候にはロングTがいちばん快適かも。一年を通じて大好きなアイテムでもある。

大きなピンボケ安全ピンがへたれロッカーみたいでいいでしょ?

20160925b

ブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

雨の日散歩。高井戸図書館でアンネフランクの薔薇の絵を鑑賞

20160923a

今日も雨。こんな日は散歩を兼ねて、高井戸図書館まで行こうと電車を一駅先の浜田山で降りて、高井戸図書館まで行くことに。お客様が高井戸図書館の二階で「アンネフランクの薔薇」を題材にした油絵の展示をされているとのことで、まだ行ったことのない高井戸図書館へ。だいたいの場所はわかったつもりで、どんどん歩いても、それらしき建物には出会えず。googlemapで確認すると、途中で方向を間違えていた。あわてて修正し、雨の中テクテク・・・・・・。

三井グラウンドってこんなに広いのだとびっくり。学生の頃、三井関係の人にプールに連れて行ってもらったことがあるが、こんなに広いところだったかなー。確かプールには私達以外は誰もいないで、贅沢に占領した記憶がある。

20160923b

樹木が生い茂ったなか、彼岸花が所々に咲いていた。ちゃんとお彼岸に咲くなんて、几帳面な花ですね。

やっとのことで、高井戸図書館へ到着。二階へ上がり、奥の展示スペースでお客様の油絵を鑑賞。

アンネフランクのお父さんから贈られた薔薇の苗木が図書館の隣の高井戸中学で

大きく育ち、それを写生されたとのこと。アンネの薔薇は蕾の時から散るまでの間に、

赤、黄色、ピンクなどに色が変わるのが特徴。今では日本でのみ咲いているのだそう。

今度は、薔薇の咲く季節に来てみたい。

アンネフランクの薔薇については、こちらのサイトをごらんください。

http://www.suginamigaku.org/photo-his/his_rose_of_annnel.pdf

ブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

呉服屋のご主人の一家言

今日は西永福の氏神様の永福神社のお祭りです。あいにくの雨のため、お神輿は中止になった模様。
通りを眺めると、雨降りで寒いから浴衣を着ている人も通らない。またお彼岸なのに、理性寺さんにお墓参りするかたも少ない。



すっかり秋の気配。これくらいの気温ならば、汗をかかずに単衣も着られそうです。

20160921a



この写真の小千谷縮も着ないまま、秋になってしまいました。これは誂えてから、一度ぐらいしか着ていないはず。下北沢の茶沢通りにあった呉服屋さんの閉店セールで購入したものです。この店には年配の男性のご主人がいて、いろいろ教えてくださった。女性目線と違う御指南なので、一緒に行った着物友達といたく感激した。

1.着物を上手に着こなすのには、寝間着を浴衣にすると自然に覚えられる。
2.反物は証書では買わない(証書にはインチキがあるということ?)
3.浴衣はバチ衿でなく、広衿で仕立てる。粋になるし、ちょっとした外出にも着て行かれる。
4.衿の抜きかた。上手な仕立てならばひっぱらなくても、着ると自然に衿が抜ける。




ブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ



| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

小千谷縮を着なかったのが、夏の心残り

20160921b



下北沢は自宅から近いのでよく出かける。だいぶ前だが、何気なく踏切近くの呉服屋さんに入り、生まれて初めて小千谷縮を見た。色や質感、そしてカジュアル感に魅了された。お店の方に、この格子は地味すぎるといわれたが、もともと人のいうことを聞くほうではないので、自分の主張を通して誂えた。今見ると、確かに地味。何年か先にも着れそうなので嬉しい。今年は袖を一度も通さなかったが、来年はきっと・・・。

*この何年かで、下北沢は急速に様変わりして、開かずの踏切はなくなり、その以前にこの呉服屋さんは閉店している。先日も昔からあるブティックが閉店していたので、さびしさを覚えた。

ブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

お人形修理に挑戦中

20160919c_2

このお人形は頭にゆで卵のヒビのようなものが二か所くらいありました(写真を撮るのを忘れてしまいました)

胡粉を塗ると良いというお客様の人形作家さんに聞いたので、とりあえず頭に塗ってみました。

ネットで検索するとサンドペーパーをかけ、晒で光沢をだすと書いてありましたので、

その通りにやってみました。

なんか、つややかになりました。顔との色が違いすぎるので、絵の具で肌色を調整することに。

20160919a

日本画教室の絵の具をいただいて、胡粉と2、3色混ぜて肌色らしきものを作りました。

20160919b

塗ると、肌色は近づきましたがまだらまだらに。今日はここで終わりにして、乾かすことにしました。どうなることやら?

このお人形はだいぶ前の買取品の中にあったもので、一寸法師に見立てたと大きな赤い塗りのお椀に入っていました。よくよくお顔を見ると、優しい女の子の顔みたいです。着物は緑の可愛い玩具柄ですが、身八つ口は破れていて、開いているのかどうか不明でした。

五人囃子の一人 

手には何を持っていたのかな?

さて、何者でしょうか

ブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

ウクライナの青年とマトリョーシカ

20160916_2

店に長身で金髪の青年が現れた。彼は上手な日本語で「ウクライナ出身。三ヶ月の交換留学生。日本のテクノロジーと文化を勉強するためにきた。アルバイトで作ったものがあるので見てください。」手に持っていた灰色のブリキ箱を開けると、マトリョーシカ、鉛筆、腕輪などが入っていた。やはり気になったのはマトリョーシカ。お父さん、お母さん、子ども、猫、ニワトリの入れ子。大きいお母さん、お父さん、子ども、猫、ニワトリもあった。それもかなりおかしい表情。私が気になったのは写真のチェブラーシカの入れ子。値段を聞いたら、かなり高く躊躇したが、日本で暮らすのは物価が高いし、気候も暑いし、ちょうどキャンセルした仕入れがあったしとか理由をつけて買うことにした。留学生は何度も何度も丁寧におじぎして帰っていった。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

プチ鬱?からの脱出

20160914_2

何ヶ月かずっと、ボーッとしていた。お店の模様替えを兼ねて整理整頓をすることが優先課題だった。どうしても、やる気がおこらなかった。
什器の配置見取り図を何回か書いたが、うまく行きそうもないような気がするばかりで、前にすすめない。模様替えが終わるまでは、他の仕事をしたくなかった。
それ故、接客以外はずっとボーッと過ごした。
以前は「キャシャーンがやらねば誰がやる」とかシンデレラと意地悪お姉さんの1人二役で、こういう状態から抜け出られたのに…。
それが、ふとしたきっかけで、この状態から抜け出られた。
ある日、経理的な仕事がたまっていたので、しぶしぶ簡単な仕事をしてみた。すると思いのほかに仕事が難なく早く終わった。
これが転機となった。それからは、片付けが少しできるようになり、ブログも書けた。
というわけで、プチ鬱から脱出し、リハビリ中の身の上。
今日は雨降りだったので、また什器を動かし着物が見やすいように配置がえをした。写真の着物の棚はとりあえず単衣をだしたが、まだ未整理のまま。

 

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

バッタの殿様がお忍びで弊店をご視察

20160912_2



店前のタイルを洗い終えて、ジョウロを片付けようとしたら、何やら緑の見慣れぬものがとまっている。私は虫愛ずる人ではないので、形からカマキリと思い、通りかかった二歳くらいの男の子にカマキリと教えた。そこにお客様が見え、カマキリじゃない、バッタかコオロギといわれた。そうだ、カマキリって高身長で痩せている、きっとバッタにちがいない。さっそく検索すると殿様バッタであることが判明。(本当に検索って便利) 背中の茶色が変と思っていたが、これが殿様バッタの特徴でした。





去年は柚子の木にアゲハ蝶が卵を産み付け、幼虫になるまでは見届けた。ここ西永福は都心から近いのに緑が多いせいか昆虫にもよくお目にかかる。





ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ









| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

紫の帯揚げとギターのブローチでプリンスを偲ぶ。紬単衣

20160910h_2

プリンスが亡くなって5ヶ月近くなるが、彼の音楽や写真を見ると、稀有な才能の、しかも多彩で多才な人だったなと改めて思う。このコーデは着物と帯はご年配が着る範疇のものと思われるが、帯揚げを紫に、ギターのブローチを帯どめ替わりに止めたら、forever Pの着物になった。彼の世界中のファンも、forever P。こんな可愛い写真もネットに登場していた。

20160910b

この写真のブラウスのシンボルマークは自分で刺繍したもの。あまりできは上手くないけど、着るたびに嬉しい気持ちになれる。

20160910_2

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

«志ん朝師匠の追っかけで、着物好きになりました