« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月12日 (土)

男に生まれたかった、一目ぼれ着物

Otoko1

先日、沢山の樹々に囲まれた古い大きなお宅に着物のお預かりに伺いました。三年くらい前にもお伺いして、今回は二度目で、年内にお引越しをされるそうです。門から玄関までは石畳み、玄関脇の和室には床の間があり、掛け軸がかかっていました。昔のお家という感じのお宅でしたが、もうすぐ壊されてしまうのでしょうか。

和室に置かれた着物をさっと拝見。今回は男物が多く、そのなかの一揃えに目を奪われました。藍大島の袷の着物に黒に近い紺の紬の羽織。どちらも躾け糸がついたまま。幸か不幸か男に生まれたかったと思うことは今までなかったのですが、この一揃えを見た時は、初めて思いました。

Aiooshima

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

クリスマスとお正月が近すぎる

店頭には毎年、このクリスマスツリー。これはポケット式カード入れで、返還前の香港の雑貨屋で購入。カードや雑貨など、面白い物を売っていたが、返還後には店を閉じてしまった。

Xmas4

どこでもクリスマス雑貨はあふれているので、あまり頑張らない。自分の好みのものを少しだけ仕入れる。展示会などで、大きな雑貨店の仕入れ担当者があれもこれもと仕入れをしているのを、一度で良いからあんなふうに仕入れたいと横目でチラチラ。小さな商店故、売れ残りの在庫を考えると、爆買いはできない。

Xmas2

それに、すぐにお正月がお控えなさっているし。正月雑貨も少し入荷しています。

こんなめでたい珍味入れです。

Syougatsu3

こちらは申年にちなんだ檜の升。

Syougatsu4

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

帽子ノススメ

Hat2

狭い店内に帽子の置き場がありません。やっと見つけた壁。中折れ、ガルボハット、ベレー帽と、ひとつ、ひとつの形がよくわかり、型崩れしないので、なかなか良いかも。アクセサリーやクリスマス リースと同居です。

Hat4

人気があるのは、やはりオーソドックスな中折れ。カジュアルなスタイルをランクUPしてくれます。気負いなく被れて、男女ともにハンサム度が増します。

Hat1

Hat3

防寒にはキャップが人気です。脳外科の先生の話では、寒い季節には帽子を被ると脳卒中予防にもなるそうです。ご年配のかたへのクリスマス プレゼントにもいかがですか。

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

スケボー男子が着物男子になる

Kd2

Kd1

先日、スケボーで来店された男子。着物に興味があるということで、店頭のウールの着物を試着することに。帽子、ストール、帯は店のありもので気張らずにコーデ。

男性の着物はおはしょりなしで着るので、長さの調節が出来ない。裄もたいてい短い。古着でぴったりの着物はとても少ない。ところが不思議に、この着物はぴったりで誂えたみたい。

女性は着物を着ると印象がかなり変わるが、男性の方が変わり様は激しいかも。チェックのコートにスケボーを抱えたさっきの彼とは、まったく別人のような雰囲気。以前から、袂に手を入れて物を取り出す仕草がしたかったのだそう。写真のポーズも自然に決まっているので、先天的着物男子(?)かもしれない。

着物をそのまま着て帰られたが、今度は着物姿でスケボーというのも乙ですね。

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

続きを読む "スケボー男子が着物男子になる"

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

べトナム旅行は今年いちばんの思い出< その3 >

ベトナムのサパを案内してくれたのは少数民族の地元の人。ホテルのオーナーでもあり、白絹シャツに中折れハットをかぶった気障なお兄さんだった。通訳の話によると、16歳頃から山で昆虫採集をして、それを売ったお金を元手にホテルを建てたとのこと。彼にムシキングというあだ名をつけた。仕入れは0円だが、山中で虫を一日中追いかけたに違いない。気障なお兄さんにも大変な苦労があったのだ。少数民族の人達は昆虫の売買で生計を立てている人が多いそうだ。また、日本人の蝶のバイヤーが山で禁制の蝶を採り、警察官に見つかり逮捕され何百万というお金を出して保釈されたとか、そんな話もあるらしい。

今回の幻の蝶を見るという目的は、肝心の蝶が現れず果たされなかった。サパの山は段々畑になっているところが多い。帰りは山中が深い霧に包まれ、前が何も見えないような状態だったが、安全運転だったので怖くはなかった。

Vietnam42

サパへの同行者がレストランを経営しているということで、ハノイへ帰る前にそこへ寄り道。店の入り口にいた猫。あまり愛想は良くない。鶏料理や豚の内臓料理、山菜天ぷら、カレー、スープなどがでたが、皆、素材が新鮮でおいしかった。特に鶏は骨がしっかり太く、味も日本の鶏とは数段違うおいしさがあった。残飯はすぐに犬にあげていた。その残りを猫が貰っていた。

Vietnam55

Vietnam51

出会った人達は通訳を除き、日本語も英語も使わないので、まったく会話はなかった。しかし言葉がなくても、こちらの気持ちを察してくれて、優しくて、マメな男性ばかりだった。まだ気持ちにゆとりがあるのだろうか。優しさ不足になったときは、ベトナムへ行くことをおすすめしたい。反対に私が出会った人限定だと、女性は、さばさばしている感じがした。また、男性はどの人も話好きで、車内でも仲間同士の会話が途切れることなく続いていた。言葉がわからないので、音楽みたいで眠気を誘われた。

三泊四日といっても、なか二日だけ、それも移動で10時間取られたので、本当にあっという間の旅。いつもと違う空間に身を置き、知らない人や景色と出会うのは、なによりのリフレッシュメントになった。

ブログ村に参加しています。クリックすると、いろいろなブログが見れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ にほんブログ村 雑貨ブログへ

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »