カテゴリー「文化・芸術」の記事

2013年9月21日 (土)

西永福ものずき屋 CGを超えるパステル画

1379741887567.jpg
昨日は、以前勤務していた会社の先輩の個展へ出かけた。まるでCGみたいだが、パステル画。綿棒と消しゴムを使って、細かいところは描くとか。ヒゲとか毛とか、やはり絵とは信じられない。飼主からの依頼で、ペットの肖像画を描いたりも。死んだペットの絵の前で、あまりにも実物に近いので泣きだした飼主もいるとのこと。もともとデザイン出身の彼だが、今の方が生き生きと楽しそうだ。表参道コンセプト21で25日まで開催。小野寺ブラザーズ画展

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

舟越保武氏の少女像と奥様と、ものずき屋

数年前のある日、その時は世田谷のボロ市通りに店をかまえていたのですが、「お宅のお店のちらしが入っていたので、散歩がてら来ました」と碧の洋服に碧の天然石の首飾りをつけた、細面の品のいい、元気なご婦人が入ってこられました。毎日一時間くらい、散歩をするとおっしゃっていました。

お話を伺うと、舟越保武氏の奥様でした。舟越桂氏のお母様といったほうが、ぴんとくるかたもいらっしゃるかもしれません。舟越桂氏の婦人像はモディリアーニが描く女の人と似ていると思っていましたが、お母様似でもあることがわかりました。

それから、数年たちました。買取に伺ったお宅から、同じものを持っているのでということで、保武氏作のK嬢が店に来ました。なにか、縁があるのでしょうか。

2009_1116funakoshi0004_2

今回、K嬢をじっくり見て、この像も奥様似であることに気づきました。そして、見る角度によって、ドッキリするくらい違う表情に出会えることにも気づきました。

2009_1116funakoshi0026_5

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

ものずき屋の古玩 中国の粉彩

初めて中国の粉彩に出合ったとき、胸がいっぱいになり、いつまでも見ていたいという気持ちになりました。古伊万里や印判などが、脚光を浴びていたころのことです。友達は夢中になっていましたが、それらを眺めても、それほど感激はしませんでした。それなのに、なぜか中国の粉彩には愛らしさと物語を感じました。

090529_14170002090529_17550002090529_14140001

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

ものずき屋の無用の美

世の中の流れに逆らうようですが、役に立たないものにひかれてしまいます。無用の美です。使うのではなく、飾って楽しみたいものたちです。                                                                                                                                                                                 

 

090116_17440001     090116_17450001        

赤沢露石の黄交趾銀張りのお猪口です。共箱付です。

                         

       

090116_17470001    090114_18240001    090114_18350001                                                                                                                

九谷焼の徳利対です。古九谷を思わせる色と絵付けです。

 

 

090116_17480002

お多福の香合。織部焼です。なかなか、良い顔をしています。                                                                                                                               

| | コメント (1)

2009年2月23日 (月)

ものずき屋のお雛様

まだ寒い今日この頃ですが、そろそろお雛様を飾りたいですね。暗いニュースばかりの日常に春のうきうき感が訪れます。                                                                                                     

こちらはアンティークの徳利ですが、お雛様が描かれているので、このまま飾っても、雛あられを入れて使っても楽しそうです。甘酒なら似合うかもしれません。

090201_17360001       

                                

毎年、京都から取り寄せるお雛様です。いろいろお雛様はあるのですが、この可愛らしさは、特別です。陶製です。  

090223_14110001         

京野菜の中に入った猫雛です      

090201_17350001  

                                     

お雛様が描かれた貝合わせの中に犬筥がいます。

090201_17390001_2  090201_17390002_2                     

以前ご紹介した不思議な植物ぎいかだ)ですが、葉から出てきた葉が伸びて、ある日、葉から離脱しました。これがその写真です。このまま植木鉢に入れました。どう成長するのか楽しみです。                                   

090211_13380002 

続きを読む "ものずき屋のお雛様"

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

こだわらず、こだわる

  井の頭線西永福駅近く、通り過ぎてしまいそうな小さな店。 

古今東西、こだわりなく、こだわったものを揃えました。

ものがすき、物語がすき、ちょっとものずきな かたのためのお店、ものずき屋。

081117_17050001_3 081117_15240001_5 杉並区永福 3-55-3 

tel 03-5300-6785

| | コメント (1) | トラックバック (0)